やさい*くだもの図鑑

白背景写真で分かりやすい500種以上の野菜と果物の図鑑。prezented by maruk.jp

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
果物15 リンゴ/りんご/林檎


リンゴ(林檎、西洋林檎)は、コーカサス地方が原産でバラ科リンゴ属、落葉高木樹の果実。
品種は世界中で2万5千種以上あるといわれています。
日本には明治初期に渡来したものが栽培され、品種改良されて現在に至ります。
本来は品種により旬は夏の終わり頃から始まるのですが、貯蔵技術の進歩により一年中流通しています。
無袋栽培された林檎は「サン」が付きます。

ジョナゴールド
ゴールデンデリシャスと紅玉の交配で大きめの玉。
鮮紅色でシャキシャキした歯ざわりのよい食感、甘味と酸味が調和した食味で人気が高い。
アップルパイなどにも向きます。

シナノゴールド
長野県で誕生したゴールデンデリシャスと千秋の交配種で、果皮は黄色。糖度が高く、
サクサクとした食感でシューシー。ほどよい酸味で濃厚な味わい。

むつ(陸奥)
ゴールデンデリシャスと印度の交配種で、淡紅色の大玉。
ジューシーで酸味と芳香がある。



ようこう(陽光)
ゴールデンデリシャスが自然荒廃してできた品種で、中、大玉。
果皮は鮮紅色で、酸味は弱く、甘くてしっかりした食感。

おうりん(王林)
ゴールデンデリシャスと印度の交雑種で、黄緑色の果皮に地肌に果点が入っているのが特長。
芳香が強く果肉は滑らかでジューシー。晩生種。

ほくと(北斗)
フジと陸奥の交配種で、果皮は紅色に縞が入り光沢がある。果肉は堅めで黄白色。
甘くて芳香がありジューシー。

ゴールデンデリシャス
歴史のある品種で、長円形で果皮は黄色又は黄緑色、甘味とほのかな酸味のバランスがよく、
果肉は緻密でジューシー。現在日本では生産量は少ない。



サンフジ、フジ
国光とデリシャスの交配種で、日本で一番多く生産されている品種。
酸味が少なく甘味が強區、しっかりとした果肉でジューシー。
円形で赤色、蜜が入る種類です。
袋掛けしないで栽培されたものが「サンフジ」で、こちらの方が甘味が強い。

こうぎょく(紅玉)
アメリカ原産の比較的酸味の強くてジューシーな品種。
煮崩れしにくいので生食以外に料理やアップルパイ、タルトなどに利用される。

きんせい(金星)
ゴールデンデリシャスと国光の交配種とされ、薄い黄色で香りがよく、酸味が少なく甘味が強い。
贈答用として人気が高い。

せんしゅう(千秋)
東光とフジの交配種で、やや小ぶりで鮮紅色。
ジューシーで歯ざわり、酸味、甘さのバランスが良い林檎。



せかいいち(世界一)
デリシャスとゴールデンデリシャスの交配種で、大玉。
果肉は締まっていて、香りもよく甘味が強くてジューシー。

しんせかい(新世界)
フジとアカギの交雑種で、果肉は堅めで酸味が弱くジューシー。

アルプスオトメ(アルプス乙女)
フジと紅玉の交雑種で、観賞用にも食用にも利用できるミニサイズの林檎。
果皮は濃紅色で果肉はやや堅めで酸味と甘味が多い。
生食もできますが、りんご飴に利用されます。

林檎は古くから身体に果物とされてきました。
主成分は果糖、ブドウ糖で、リンゴ酸、クエン酸を含み疲労回復の効果があります。
高血圧防止効果のあるカリウムや、食物繊維が豊富です。
また、リンゴポリフェノールが老化防止や抗酸化作用に効果があるとして人気が高まっています。




以上の画像は「maruk.jp」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

「生鮮の素」Vol.4、5 「生鮮の素プラス」くだものやフルーツ図鑑
「販売促進の素」食販促A、B

ブログパーツ
| comments(0) | trackbacks(0) | [果物] リンゴ(林檎) | TOP↑ |