やさい*くだもの図鑑

白背景写真で分かりやすい500種以上の野菜と果物の図鑑。prezented by maruk.jp

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
果物18 スイカ/すいか/西瓜


夏の味覚をを代表する果実、スイカ(西瓜、ウォーターメロン)は、アフリカ南部原産でウリ科スイカ属の一年草。
周年出まわりますが旬はもちろん夏で、分類上は野菜(果菜)になります。
ちなみに青果市場では果物又は果実。
中国の西より伝えられたのが「西瓜」の名前の由来。
ツル性で雌雄異花で同株、当然雌花が果実になります。

西瓜栽培では病気予防のため、基本的に接ぎ木栽培されます。
カンピョウでご存知のユウガオが台木に使われます。

果肉色で分けると赤、黄、白系になり、果皮は緑以外に黒、黄色、無地もあり、
形は大玉と小玉、長形があります。主産地は熊本、千葉、山形他。

こだますいか(小玉西瓜)
果皮の色や縞、形は大玉スイカと変わらないが小型です。

おおだますいか(大玉西瓜)
大玉で果肉が赤が主流、甘味が強くシャリ感がある。
果重は5〜8キログラム程度が多く受粉後50日ほどで収穫時期を迎える。



くろびじん(黒美人)
表面が黒緑色で長楕円形、果皮が薄く、日持ちが良い。果肉は深紅色でジューシー。
栽培が難しく生産量は少ない。

くろかわすいか(黒皮西瓜)
東南アジアでは一般的だそうですが、日本では昭和初期以前までは黒皮、無地皮が一般的で、
別名「鉄カブト」とも呼ばれていたそうです。

昔は種子を食べたようで、中国料理では現在も種子の中身を滋養保険の食材として利用されています。
果肉の99%は水分で、むくみを取り利尿効果があります。




以上の画像は「maruk.jp」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

「生鮮の素」Vol.4、5 「生鮮の素プラス」くだものやフルーツ図鑑
「ヘルシー素材図鑑」1 「販売促進の素」食販促A

ブログパーツ
| comments(0) | trackbacks(0) | [果物] メロン・スイカ | TOP↑ |
果物17 メロン/めろん/甜瓜


メロン(甜瓜)は、東アフリカ原産(種類によってはインド原産)でウリ科キュウリ属、一年草の果実。
園芸分野では果菜(野菜)、青果市場および栄養学上では果物に分類されます。
古代エジプトで栽培が始まり、東西に伝わったといわれます。

栽培メロンには、野菜のコーナーで紹介した真桑瓜(マクワウリ)などの『東洋系』と、
冬メロンや網目の入ったネットメロンなどの『西洋系』に分かれます。
また果皮は白や、緑色、黄色などがあり、網目のある「ネットメロン」と
網目のない「ノーネットメロン」とに分かれます。
果肉の色では「赤肉系」「青肉系」「白肉系」があります。
種類も沢山あり、各地でブランド化されている果物です。

アールスメロン(マスクメロン)※青肉系
高級メロンの代表とされるマスクメロンの語源は、ギリシャ語の麝香(じゃこう=マスク)からきており、
香りが香料の麝香のような芳香を持つことから付けられました。

アールスフェボリット種をもとに日本人好みに改良され、
1株に1個に摘果して3ヶ月少々の日数で育てられるネットメロン。
果皮のネット(編目)は亀裂を保護する組織で、いわばメロンのカサブタみたいなものです。
主産地は静岡、熊本で温室栽培のため周年出まわる。

旬素材ニュース「アールスメロン(マスクメロン)」



ヒゴグリーン(肥後グリーン)※青肉系
熊本産の高級ブランドメロンで、果皮は翡翠色でやや楕円形のネット型。
濃い緑色の果肉は、やわらかく手糖度が高く果汁もたっぷり。

アンデスメロン ※青肉系
果皮に網目が密に入り、マスクメロンに似た甘さと香りがあり、果肉は緑で甘みガ強い。
ネット型メロンではお手頃価格で、非常に人気の高い大衆メロンの主力品種。
4月から7月頃が最盛期。(名称はアンデス山脈からではなく「安心ですメロン」から)

プリンスメロン ※青肉系
日本のマクワウリと西洋系メロンの交配種で、
大衆メロンの先駆者として有名なノーネット型の代表品種です。
球形で果皮は灰緑白色、果肉はオレンジ色で果皮の近くは緑色をしており糖度が高い。
昭和後半ではメロン生産量のほとんどを占めていましたが、現在は他の品種におされ生産量は激減。

ホームランメロン ※白肉系
果皮は白色でノーネット型、なめらかな食味。サッパリとした上品な甘さ。



アムスメロン ※青肉系
少し楕円形で果皮は濃い緑色で縦縞が入り、荒い網目が特長のネット型。
果肉は淡緑色でしっかりとしており糖度が高くてジューシー。
アンデスメロンと並ぶネットメロンの代表品種です。

クインシーメロン ※赤肉系
果皮は灰緑色、果肉はサーモンピンクのネット型です。
こくのある甘さでジューシー、品種改良により赤肉メロン特有のカロチン臭も無く
(カロチンはカボチャやニンジンの数倍含まれているとされます)
日持ちもよくなり、最近では赤肉メロンの代表種。

ライデンメロン ※青・赤肉系
北海道産のネット型メロンで、糖度が大変高くジューシーで食味がよい。



キンショウメロン ※白肉系
マクワウリと西洋系メロンの交配種で、やや縦長の球形で、果皮は鮮やかな黄色で果肉は白色。
果肉は少しかためで歯ざわりがよく、さっぱりとした甘さで食べやすい。

パパイヤメロン ※白肉系
西洋系メロンで、ノーネット型。
ラグビーボールのような長楕円形で果皮は緑と黄色の縞、果肉は白で歯ざわりの良い食感。
主産地は長野、長崎、鹿児島。

エリザベスメロン ※白肉系
西洋系メロンで、ノーネット型。果皮が黄色く、
果肉は白くて厚く、香りが良くとても滑らかで上品な甘さ。




以上の画像は「maruk.jp」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

「生鮮の素」Vol.5 「生鮮の素プラス」くだものやフルーツ図鑑
「販売促進の素」食販促A

ブログパーツ
| comments(0) | trackbacks(0) | [果物] メロン・スイカ | TOP↑ |