やさい*くだもの図鑑

白背景写真で分かりやすい500種以上の野菜と果物の図鑑。prezented by maruk.jp

<< 山菜1 イタドリ・ウルイ/いたどり・うるい/虎杖・大葉擬宝珠 | main | 山菜3 タラノメ・ツクシ/たらのめ・つくし/楤の芽・土筆 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
山菜2 コシアブラ・ギョウジャニンニク/こしあぶら・ぎょうじゃにんにく/漉油・行者大蒜


コシアブラ(漉油)は、ウコギ科ウコギ属の落葉高木。
別名ゴンゼツ・アブラッコ・アマゴ。日本全土の雑木林の中に混生し、5〜20メートルに育つ。
新芽と若葉を食用にする。タラノキの近縁種で、特有の香りとほろ苦さがある。天ぷら・煮物・和え物などに。
(薬効:血圧降下作用・抗酸化作用など)

ギョウジャニンニク(行者大蒜、行者葫)は、ユリ科ネギ属の多年草。
別名アイヌネギ・エゾネギ・ヤマビル・ハビル。
北海道・本州の雑木林の中や川岸の草地に自生し、背丈は20センチ程度。
ラッキョウに似た鱗茎と若葉を食用にする。
強いニンニク臭があり、ニンニクよりもアリシンを豊富に含んでいる。
山に入った修験者がスタミナをつけるために食べたと言われる山菜。
油炒め・和え物・天ぷらや漬け物などに。
(薬効:動脈硬化症の予防、中性脂肪・コレステロールの低下、血糖値の上昇抑制など)




以上の画像は「maruk.jp」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

「生鮮の素プラス」野菜図鑑

ブログパーツ
| comments(0) | trackbacks(0) | [野菜] きのこ・山菜 | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://maruk-sozai.jugem.jp/trackback/105