やさい*くだもの図鑑

白背景写真で分かりやすい500種以上の野菜と果物の図鑑。prezented by maruk.jp

<< 野菜05 ナス/なす/茄子 | main | 野菜07 ピーマン/ぴーまん/甘唐辛子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
野菜06 カボチャ/かぼちゃ/南瓜


冬至やハロウィンでもおなじみのカボチャ(南瓜)はウリ科カボチャ属。
原産は南北アメリカ大陸。旬は夏から初冬にかけて。








店頭で見かけるカボチャは主に次の3種類とそれらの交雑種です。

「西洋カボチャ(南米原産)」
主に大型のカボチャで、現在日本で栽培されている殆どは西洋カボチャ。
ホクホクとして甘みが強い。えびす南瓜、赤皮栗南瓜やバターナッツなど。

「東洋カボチャ(中南米原産)」
鹿ケ谷南瓜、勝間南瓜(コツマナンキン)のような日本カボチャや小菊など。
栽培量が少なく、甘味が少なく薄味の和風料理向き。

「ペポカボチャ(北米原産)」
小型のカボチャ、プッチーニ、金糸瓜(ソウメンカボチャ)などがこれに含まれる。
形や食味に風変わりなものが多い。ハロウィンでおなじみのオレンジ色のカボチャはペポ種。
なお、ズッキーニもこの仲間。

カボチャはカロテン、ビタミン類を多く含む緑黄色野菜。カロチンが多く、
体内でビタミンAにかわって肌や粘膜を丈夫にし、感染症などに対する抵抗力をつけてくれます。

「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」といわれる所以です。
また種子には、リノール酸が多く含まれ、動脈硬化予防や低血圧の改善に効果があるとして
漢方薬として使われています。




以上の画像は「maruk.jp」で高解像度画像をお買い求めいただけます。

「生鮮の素」Vol.3 「生鮮の素プラス」野菜図鑑 「ヘルシー素材図鑑」1、2
「食材の旅」9、12、13 「販売促進の素」食販促A、B

ブログパーツ
| comments(0) | trackbacks(0) | [野菜] カボチャ(南瓜)・ズッキーニ | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://maruk-sozai.jugem.jp/trackback/12